税理士法人 東京会計コンサルティング HOME > 医療法人設立 > 医療法人設立の手続

医療法人設立の手続

医療法人設立の準備と手続きを解説します。

個人事業から法人化を目指す方への支援、書類作成及び提出業務の代理

  • 定款・寄付行為(案)の作成及び提出業務の代理
  • 設立認可申請書の作成及び提出業務の代理
  • 各監督官庁(都庁・県庁・税務署・都税事務所・市役所 等)への書類の作成及び提出業務の代理 

医療法人のメリット・デメリット

メリット デメリット
  • 医療法人が開設者となり、複数の分院を経営できる
  • 先生の退職金を設定することができる
  • 役員給与という形で報酬を受取るので、所得税法上の給与所得控除を使った節税ができる
  • 所得税の超過累進税率を避けることができる
  • 生命保険の保険料を経費にできる枠が大きくなる
  • 個人のときと比べて事業承継をスムーズに行えることが多い
  • 交際費にできる金額に一定の制限がかかる
  • 社会保険への加入が強制される
  • 維持・運営に費用がかかる
  • 個人のときに借りた運転資金は法人に引き継げない

>>次は医療法人設立の流れ

お問合せ

互助会のご案内 よくある質問 医療法人設立、病院・歯科医院開業コンサルティング ブログ

税理士法人
東京会計コンサルティング

〒160−0022
東京都新宿区新宿1-5-1
新宿御苑ビル3階
TEL:03-5363-5513
FAX:03-5363-5514
営業地域:東京都(新宿区、渋谷区、中央区、千代田区、文京区などを中心に)、千葉県、埼玉県、神奈川県、群馬県、栃木県、茨城県。
お問合せフォーム